« 正露丸Tシャツ | トップページ | NY »

2005年5月28日 (土)

そもそも正露丸とは。その1

「正露丸」という名称には、日本がロシアと戦った日露戦争と深いかかわりがある、という事実は有名な事・・・・・だと・・・・・・思うんですけど・・・・・どうでしょうか・・・・。
ワタクシ、いささか正露丸に対する興味が過剰傾向なので、正露丸の一般的な認識がどの程度なのか、さっぱりなものでして・・・・。

まぁ、ちょっと順を追って説明しましょう。
話は明治37年から翌年にかけて日本がロシアと戦った日露戦争が舞台となります。
この戦争は運が良かったり、何だかんだとあったりで日本の勝利に終わるのは教科書どおりです。(というか、あんまり戦争の事自体については知らないですけど。)
当時の戦場は、衛生状態が極めて悪く、戦闘とは別に病気や栄養不足で死亡する兵士がかなりいました。とくに水の状態が悪い大陸での戦いで、腹の具合が悪くなる兵士が多かったとのことです。
そんな事から、当時の陸軍の衛生材料班が殺菌効果のあるクレオソートを主成分とした丸薬を開発したのが正露丸の誕生です。衛生材料班ではなく陸軍医学校という話もあるみたいですが・・・・まぁ、いずれにしても当時の陸軍が開発したということは間違いないようです。っていうか、衛生材料班と陸軍医学校がどういう風に違うのか、よく知らないし。
この丸薬を「征露丸」という名称で兵士に携帯させました。「正露丸」ではなく「征露丸」。"ロシアを征する"という意味ですね。この名称は太平洋戦争が終わるまで使われます。
兵士の携帯用に鉄製の缶に入れられた正露丸は日露戦争時700万缶もつくられたそうです。

角川書店から刊行されている町田忍氏の『懐かしの家庭医薬大全』に以下のような記述があります。

七百万缶も製造された征露丸だが、その認知度を物語る資料がある。当時のタイムズ紙の従軍記者が伝えた仁川上陸作戦(明治三十七年二月)の様子の中に、「上陸軍の兵士達は羊の毛皮のついた褐色の長い上衣を着て、雪の降る中を上陸していったが、青い外套、赤毛布、背嚢、水筒、破籠、飯盒、弾薬盒、錠剤および腹薬のクレオソートを含有する"征露丸"を携行していた」と紹介している。すでにこの時期において征露丸という薬が外国人記者の目にもとまっていたことが理解できる。鉄製の丸い缶の容器に入れられていて、缶の底には「毎食後必ず一粒服用すべし」という注意書きがあったという。

また、若干記述が異なりますがが芸文社から出ている同じ町田忍氏の著作『マッカーサーと征露丸』という書籍の中で、当時の兵士が携帯してた征露丸の形状について、昭和九年刊行の『軍医の観たる戦争』という書籍の引用から次のような記述があります。

さらに薬の外観の説明として、
<丸い鉄製の容器に入っていて、蓋を回すと丸薬が孔からころりと一粒だけ出るようになっている。蓋の表に打ち出しで、征露丸と書き、その下に「毎食後必ず一粒宛服用すべし」と注意書きが顕れている>という。

で、以下の画像。
ワタクシがヤフーオークションで手に入れた「日露戦争当時の正露丸の缶」という物。落札価格はいくらだったかなー。なんか、そういう肝心な事はすっかり忘れちゃった。
これが、ほんとうに日露戦争当時の物なのか?という疑問があり、出品者に問い合わせたりもしたのだけど返事がなかったし。
ただ、上記の薬缶の説明にかなり合致している。細かい事を言えば缶に書かれている文言は
「毎食後必ズ一粒ヅヽ服用スヘシ」
となっているんだけど。

まぁそうとうに古い物である事は間違いないだろうね。見ればわかるか。

ちなみに一般に「征露丸」が普及するのは、日露戦争終結後に民間に製造の許可が下りてから。

g009 g010 g011

 

 

 

・・・・・・多分、続く。

参考文献
町田忍『マッカーサーと正露丸』芸文社
町田忍『懐かしの家庭医薬大全』角川書店
田中聡『正露丸のラッパ』河出書房新社

« 正露丸Tシャツ | トップページ | NY »

コメント

正露丸の「露」が露西亜の「露」だったなんて、知りませんでしたよ。
勉強になるなあ。
毎食後飲んでたら、便秘になるんじゃないかしら。

投稿: 梅 | 2005年5月28日 (土) 23時53分

・・・・・うぅ。
冒頭に書いたように、"露"がロシアの事だというのは、俺内では超常識だったので。
一番最初にやるべき話題だったかな・・・・。

多分、このことを初めて知ったのは中学生だったか高校生の頃に読んだ荒俣宏の『広告図像の伝説』って本で(現在、手元にないのでハッキリしないけど)、それ以来ずーっと俺内超常識。
そういえば正露丸に興味を引かれたのって、この荒俣宏の本が最初だった気がするなー。

投稿: 朝雄 | 2005年5月29日 (日) 02時49分

ようやく腑に落ちました。
勉強になるなあ……

てっきり
「正しく露出してる玉」
みたいな意味かとばっかり。

それこそ糖衣の意味がわからんて感じですね。

投稿: モリヅキ | 2005年5月29日 (日) 03時10分

> 正しく露出してる玉

って、何よ(笑)。
ちなみに当時"征露"という言葉は、ちょっとした流行語みたいな感じだったらしいです。

投稿: 朝雄 | 2005年5月29日 (日) 19時24分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そもそも正露丸とは。その1:

« 正露丸Tシャツ | トップページ | NY »