« 油断してたら秋になってた。 | トップページ | また裁判をやっている、という記事を見て久々に更新をひっそりと行ってみよう。 »

2005年10月16日 (日)

中島正露丸

s029 秋ですな。
10月も半分を過ぎ。今月もほったらかし気味の当ブログです。

画像は・・・・・・・、なんかボンヤリしていて分かりづらいですけど。
中島正露丸のガラス瓶です。
この「中島正露丸」というのは、ラッパのマークでおなじみの大幸薬品が昭和24~29年に出していたものです。「中島」というのは、明治期に正露丸を販売していた中島佐一薬房に由来するものでしょう。
参考:大幸薬品会社沿革

現在販売されている正露丸はビール瓶のような色のガラス瓶もしくはプラスチック瓶ですが、これはラムネ瓶のような色のガラスですね。蓋は無いのですが、入り口の形状から考えるにコルク栓のようなもので閉めていたのでしょうか。

で、ちょっと画像ではわかりにくいのですが、この瓶の中に貝殻が入っています。
アサリの様な二枚貝。瓶の口よりも大きいので取り出すことが出来ません。
まさか正露丸の製造過程で貝殻を入れるわけはありませんから、おそらくこの瓶が海に捨てられていた時に入り込んだのでしょう。
そのまま、瓶から出ることが出来ない大きさにまで成長しちゃって・・・・・。

« 油断してたら秋になってた。 | トップページ | また裁判をやっている、という記事を見て久々に更新をひっそりと行ってみよう。 »

コメント

ロマンティック、海の神秘ですね。

投稿: ちび | 2005年11月10日 (木) 21時06分

そう。浪漫なのです。
すっかり更新を忘れているのも浪漫なのです。

投稿: 朝雄 | 2005年11月12日 (土) 13時59分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中島正露丸:

« 油断してたら秋になってた。 | トップページ | また裁判をやっている、という記事を見て久々に更新をひっそりと行ってみよう。 »