« 100年ぶりの自衛隊 | トップページ

2008年7月 6日 (日)

裁判というのは最終的に2年くらいかかってしまうのだなー。

二年前に大幸薬品が和泉薬品を訴えた裁判は、結局大幸薬品の敗訴で終わりました、っと。
大幸薬品の敗訴確定=正露丸販売差し止め訴訟-最高裁

短いニュース記事しかないので、詳細が分からないけど「正露丸」が一般名詞なのは30年以上前に裁判で決着がついていたはずで、今回はパッケージのデザインについてが争点だったような。
二年前のおいらも、そんな内容で書いてるし。
今回の結論は「マークが違うんだから、間違えねーよ」って事かー。

まぁファンとしては一安心だけど。

« 100年ぶりの自衛隊 | トップページ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裁判というのは最終的に2年くらいかかってしまうのだなー。:

« 100年ぶりの自衛隊 | トップページ